たまに行くならこんなラーメン屋その5

どうも、梅雨の湿気のうっとおしさよりも、さらにムンムンしてうっとおしさを増している、京都府理容青年部右京支部青年部長の上村ですm(_ _)m全国各地の方々がこのブログを見られているので各々の地域の状況はそれぞれだとは思うのですが、こちら京都ではほんの一週間二週間前までは空梅雨で水不足だの何だの言ってたのが、ここ数日間の連日の大雨で水不足がほぼ解消されて、今日は梅雨の中休みで多少なりと晴れ間も出ていました(o^^o)そりゃ確かに一定量の雨は必要ですが、やはり晴れてる方が気持ちが良いですね(o^^o)



さて、今回のブログは「たまラー」の第5回目で、前回までに「しょうゆ」、「塩」、「つけ麺」「みそ(あったかな?)」とまずまず大まかに分けられる種類を一通り紹介してきたので、今回からはその大まかなカテゴリーから少し細分化してまた種類別に紹介していきたいと思います(^_^)ノ


まずはお写真からお見せしましょう!


f0222025_1255734.jpg



てんぐ常盤店さんの「てんぐラーメン(醤油)」です(^_^)ノ場所は丸太町通り沿いにあり、太秦自動車教習所の少し西に有ります(南側)年中無休で夜中の二時まで空いているという親切さは、呑み帰りの一杯に最適です♪

さて、ここは「醤油ラーメン」と銘打ってありますが、厳密にはここ最近の京都系ラーメンとして台頭している「背脂醤油とんこつ系ラーメン(京都通称:ますたに系ラーメン)」です(^_^)ノ見ての通り背脂ちゃっちゃとスープ一面に散りばめられてますが、言うほどくどくはありません。これでも以前は湯気が立たんくらいまで背脂が乗ってましたが、それももう昔の話、今は程良い加減で、口に入れたときはガツンとくるパンチのあるスープですが、後口はさらりと気兼ねなく食べれる逸品です(o^^o)そして何より豚バラのチャーシューなのですが、厚みが程良くあるのに口に入れて3、4回噛むともう口の中で溶けてしまうほどの柔らかさも大きな特徴の一つでしょう(人によってはこの柔らかさも「チャーシュー(焼豚)」という見方では賛否両論の意見が出ますがね(^^;))



そして、ここから少し通な話になりますが、基本僕は細麺だと、堅さ具合は「粉落とし(別名:湯気通し)」で食べます。面の堅さの具合としては「柔らかい<柔らかめ<標準<硬め<バリカタ<針金<粉落とし」という風に麺の硬さの具合を表した名称がありますが、こう見てみると相当堅いことが解ると思います。粉落としはその名の通り、麺に付着してる打ち粉を落とすだけぐらいにしか茹でないので、麺そのもののコシが存分に楽しめます。これは「細麺のストレート」でないと美味しさは出ません。中太麺や太麺、あと縮れ麺だと美味しさとは全く逆効果を辿ります。


それに、細麺でも「粉落としは出来ないのですよ」というお店は注意してください。自家製麺店にその傾向が多いです。そもそも細麺は、打つときに切れる寸前ギリギリまで細くし、それでコシを保つために粉や水、かんすいなどの分量の比率をデリケートに計算してるため、製麺専門業者でも手を焼く代物です。少しでも分量比がずれると、噛んだときにモサモサ感が口の中で残ったり、「プツン」と切れるはずが「ヌチャッ」とちぎれるなど、残念という言葉では収まらないくらい食べれません。よくよく「自家製麺」と謳って雑誌などで宣伝してる店もありますが、大概はハズレです。


ま、色々と持論を展開しましたが、人によって地域によって幾通りに変化するのがラーメンです。故に一つ県を跨いだら途端に様式がガランと変わってしまうところも面白いのもまたラーメンです。それだけ、好きな人も多いですし、こだわりが生まれる国民的食べものなのでしょう(o^^o)皆さんもいろんな観点からラーメンを見てみてください。


このシリーズまだまだ続きます(^_^)ノ
[PR]

by k-r-s | 2013-06-25 01:12 | 〇〇部長の独り言

うどん

どーもこんにちは(^_^)ノ

本日二回目(^^;)

伏見青年部長の山本ですヽ(^o^)丿

一回目に書きました献血の後の出来事。


僕はうどんが大、大、大好きなんです。


僕のよくいくうどん屋さんを少し紹介します。

献血ルームからも近く京阪伏見桃山駅から徒歩2分


饂の神さん
f0222025_17474793.jpg



親子で商売されてます。

女性必見
カッコいいです。



そしてお酒の数が半端なく多いです。
f0222025_17525279.jpg

f0222025_17531695.jpg




この前の京都大会の打ち上げでも使わせてもらいました。
奥にお座敷もあり大人数でも使えました。

f0222025_17562174.jpg



帰りしなにこんなもの発見
f0222025_17575866.jpg



皆さん伏見に来たとき、うどんをはじめ、美味しいご飯やお酒を求めてましたらぜひ饂の神さんへ( ´艸`)

饂の神広報部長の山本でした。
[PR]

by k-r-s | 2013-06-24 17:42

献血

どーもこんにちは(^_^)ノ

京都理容青年部の伏見青年部長の山本です。


この前知らない番号から電話がかかってきました。

恐る恐るとると、献血ルームさんからでした。

(*_*)?

何か悪いことしたかなと思いながら喋ってると、

僕の血しょうばんに適合する人が僕の血を求めてるので献血してほしいと。

こんな僕の血を必要とする人がいるのであれば(^^)v

少し痩せたかな(笑)

もっととってもらっても多分大丈夫でしたorz

僕がいつも行く献血ルームは大手筋商店街にあります。

昨年リニューアルされたんやったかな(^-^;)

コンセプトは伏見ならではの酒蔵です。

綺麗です。

待合い
f0222025_1710813.jpg



お菓子
f0222025_17332027.jpg


今AB型の成分献血の人を求めてはります。


いつやるの???

○○○○○
[PR]

by k-r-s | 2013-06-24 17:09

京スイーツ特集その12

どうも、一年も真ん中に差し掛かりまして、どうも「真ん中」と聞くとまず「真ん中モッコリ、夕焼ニャンニャン」という言葉が頭に浮かぶ京都府理容青年部右京支部青年部長の上村です(o^^o)いやいや、これはいかがわしいことは全く無く、ちゃんと夕方枠の民法のテレビでオンエアされていた番組名で、主に知って観ていて「あー、懐かしいフレーズが♪」と思われた人は多分40代前後の方々かと思われます(笑)


さて、今回のお写真はシュハリドルチェさんのニューヨークチーズケーキです(^_^)ノ


f0222025_1612356.jpg



場所は藤井大丸の5階にあるカフェで、店内は雑貨が多くあしらわれ、アンティーク感が漂う雰囲気はどこかオシャレな家の部屋の中に居るような、そんな雰囲気のお店でした。で、色々とメニューがある中頼んだこのチーズケーキですが、レアタイプで下にはグラハムが敷いてあるオーソドックスなもので、甘さはめちゃくちゃ抑え目にしてあるわけではないのですが、チーズの風味を損なわないようにバランスの取れた味でした(o^^o)その背景として、チーズクリームにレモン等を使用して酸味を引き立て、砂糖の甘さに負けないチーズ感を主張をしていたのも◎!


チーズケーキには大まかに分けて、スポンジのようなふわふわ感を大切にしているのが「スフレタイプ」、主にグラハムでなくビスキュイを敷き、全体をオーブンでしっかり焼いて平べったく高さの低いのを「ベイクドタイプ」、で上で紹介した、主にグラハムをセルクルの底に敷いて、その上からチーズクリームを流し込んで焼かずに冷蔵庫で冷やして固めたのが「レアタイプ」と大きく3種類の顔があり、そこからパティシエさんがアレンジを加えてその顔を引き立てたり敢えてニュアンスを崩してみたりと、色々な方向性があるが故に「チーズケーキ専門店」も少なくないほどの人気を誇る「チーズケーキ」を楽しんでみてください(o^^o)
[PR]

by k-r-s | 2013-06-19 15:52

ちなみに

f0222025_1117479.jpg

ちなみに皆もご存知の乙訓さんもファイトしてます♪
[PR]

by k-r-s | 2013-06-17 11:17

暑は夏いネ!

f0222025_11144624.jpg

今日は近畿フットサル大会です♪部長メンバー皆で汗をかいてファイトしてます♪(。・_・。)ノ
とにかく暑い…((((;゜Д゜)))(汗)
[PR]

by k-r-s | 2013-06-17 11:14

草野球

こんにちは

京都理容青年部の伏見青年部長の山本です。



いや~暑いです。




そんな暑い中、野球に行ってきました。


青い空
f0222025_1438090.jpg

 

全力プレーするナイン

f0222025_14501677.jpg





そしてバテル審判(笑)


f0222025_14401371.jpg




そして足をつるデブ(山本)(笑)


f0222025_1446895.jpg





ユニフォームピチピチやん

でもこんな子豚ちゃんでも1番バッターです。

*注 1番バッターは足が速い人が普通です。


僕の野球チームはそれでいいんです。


何人か青年部員もやってます。

もし野球に興味ある人、体を動かしたい人

ぜひ山本までぇ~
[PR]

by k-r-s | 2013-06-14 15:00

京スイーツ特集その11

どうも、6月に入り身体とトークが何となく湿り勝ちな京都府理容青年部右京支部青年部長の上村ですm(_ _)m


気が付けばこの月過ぎると今年の半分が過ぎることになるのですか・・・一年明けて暮れるまであっと言う間過ぎて驚き越えて焦りすらでてきますね(^^;)あの頃の若きティーンエージャーの時は「大人になったら何だって出来る!早く大人にならないかな・・・」とウズウズしてたもんですが、大人になる手前から仕事に就いた瞬間から「時が流れるのはこんなに早いものか(゚Д゚;)」と泡食ってます(汗)


ま、そんな子供みたいなことを言ってる僕も実はいい大人、まさしくアニメ界では人気を博している名探偵○○ンくんのセリフに似せて「頭脳は子供、あそこは大人(コラッ!!)」というお昼には適さないギャグを飛ばしているゲス野郎の私をこれからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _);m





ま、本題に入るまでにかなり脱線いたしましたが、今回は京都のスイーツ特集の第11回目でございます!


f0222025_95926.jpg



三条通り富小路通りの角、サクラアネックスの地下一階にある「エナ・ブランカッタルチェ・カフェ」の大粒ブルーベリーの生ティラミスタルトです(^_^)ノ

このカフェは「生パスタと季節のタルトのカフェ」と銘打ってます通り、パスタの種類も充実しており、百種類を超えるパスタと、20種類を超えるタルトを出していただけるお店です(o^^o)赤を基調とした店内は自然と食欲を掻き立て、それでおいてオシャレな内装なので女性のお客様が圧倒的比率を占めるエナさんの出されるタルトは、年間通して何時でも食べれるレギュラーメニューの16種類と、その季節ごと限定メニュー5~6種類から選べ、価格はタルトとしては平均価格に近い値段でお楽しみいただけますが、味やクオリティはかなり高く、友達とのゆったりしたお時間や大切な方とのデートにも自信を持っておすすめできるお店です(o^^o)


で、このタルトの味なんですが、基本は砂糖での甘味は抑えてあり、その分ブルーベリーの酸味とチーズの風味をかなり生かした味となっています(^_^)ノティラミスの部分を楽しんでもらうためかタルト生地は僕の今まで食べた中の平均よりかは薄く焼かれており、余り時間が経つとチーズとフルーツの水分を吸ってしまってふやけてしまうというデメリットもありますが、出来立てやと薄生地タルト特有の「サクッ、パリッ」という食感が楽しめるので、是非とも皆さんも足をお運びくださいm(_ _)m



あとこれは一緒に頼んだカルボナーラですが、記事のメインはタルトの方なんで、申し訳程度の大きさです載せておきます(苦笑)

f0222025_10192644.jpg

[PR]

by k-r-s | 2013-06-05 09:40 | 〇〇部長の独り言